【Cocoon】実際に使用しているおすすめプラグイン11選!

スポンサーリンク

ワードプレスの無料で使える大人気テーマ【Cocoon】で、実際使用しているプラグインを紹介します。

ワードプレスに追加できる機能拡張ツール。

簡単に言うと、ワードプレスをカスタマイズするのに便利なやつです。

例えば、お問い合わせフォームを一から作ると大変ですが、お問い合わせフォームを数分で作れるプラグインを入れたら凄く簡単です。

他にもたくさん便利なプラグインがあって、自分に合うようにカスタマイズできます。

スポンサーリンク

おすすめプラグイン11選

僕が使用しているプラグインは11個です。

プラグインが多いとサイトが重くなったり、不具合が発生することがあるので10~15個程度が良いと聞きます。

はむりす
はむりす

では、さっそく紹介していくよー

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patch
WordPress 日本語版パッケージのためのマルチバイト機能の拡張。

ワードプレスに最初から入っているプラグインです。

有効化をしないと日本語サイトでエラーが出ることがあるので必須のプラグイン!

はむりす
はむりす

とりあえず有効化って考えでOK!

WP Fastest Cache

WP Fastest Cache
最もシンプルで速いWP キャッシュシステム

Cocoonにはキャッシュ機能が備わっているので、キャッシュ関連のプラグインは不要と書いているサイトもあります。

でもCocoonの製作者わいひらさん(神です)によると、ページキャッシュを生成する機能は無いみたいなので導入しています。

サーバーの種類がApacheならWP Fastest Cacheプラグインがおすすめです。

LiteSpeed Cache
オールインワンの無敵の高速化 PageSpeed を改善:キャッシング、画像/ CSS / JS を最適化...

LiteSpeedサーバーの方はこちら。

UpdraftPlus – Backup/Restore

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin
バックアップと復元を簡単に。手動または自動予約 (Dropbox、S3、Google ドライブ、Rackspace、FTP、SFTP、メール、その他) による完全なバックアップ。

バックアッププラグインです。

ワードプレスに備わっているバックアップよりも使いやすいと好評で導入。

実際使ってみたら簡単にバックアップができました。

自動バックアップ設定にしておくのがおすすめです。

ワードプレスのバックアップでも機能的には問題無いので、プラグイン数が気になる人は削除候補。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin
SiteGuard WP Plugin は、管理ページとログインへの攻撃からの保護に特化したプラグインです。

ワードプレスのセキュリティプラグイン。

有効化をするとログインページのURLが変わって一度ログアウトします。

なので、有効化をする前にログインIDやパスワードはどこかへメモ必須!

はむりす
はむりす

ログインページURLが変わるのでお気に入り登録も必須!

Google XML Sitemaps

XML Sitemaps
このプラグインは、サイトマップを使用して検索エンジンのインデックスを改善することで、SEO を向上します。

サイトマップを作ってくれるプラグイン。

簡単に書くとサイトをGoogleさんに発見されやすくなって、記事やページの更新の反映が早くなりやすくなります。

スポンサーリンク

Duplicate Post

Yoast Duplicate Post
強力な書き換え & 再公開機能を含む、投稿やページの複製に最適なツールです。

ワードプレスには記事をコピーする機能が無いので、このプラグインを入れることでコピーができます。

はむりす
はむりす

記事のテンプレートを作ってコピーして新しい記事を書けばとても楽になる

Contact Form 7

Contact Form 7
お問い合わせフォームプラグイン。シンプル、でも柔軟。

お問い合わせフォームを簡単に作るプラグインです。

標準のお問い合わせなら瞬殺で作れて楽すぎます。

プラグイン数を減らしたいなら、Googleフォームを使うと楽だと思います。

はむりす
はむりす

GoogleAdsenseの審査合格にはお問い合わせ機能が必要なので、審査を考えている人におすすめだよ!

Category Order and Taxonomy Terms Order

Category Order and Taxonomy Terms Order
Order Categories and all custom taxonomies terms (hierarchically) using a Drag and Drop Sortable JavaScript capability.

カテゴリの順番を入れ替えることができるプラグイン。

一番見て欲しい、魅力があるカテゴリを上にしたい気持ちに応えてくれるナイスなやつです。

注意

カテゴリを入れ替えた状態で、停止してしまうと元の順番に戻ってしまいます。

有効化にすれば入れ替えてた状態に戻ります。

Media Library Assistant

Media Library Assistant
Enhances the Media Library; powerful , taxonomy support, IPTC/EXIF/XMP/PDF processing, bulk/quick edit.

メディアのファイルを整理するプラグイン。

ワードプレスにはカテゴリ分け機能が無いので、これを入れるとカテゴリ分けができます。

ファイルを多く使用しない、同じファイルを何度も使用しない人には不要かも。

僕は吹き出しのアイコンの種類が多くあるので重宝してます。

Jetpack

Jetpack – WP セキュリティ、バックアップ、高速化、成長
バックアップやマルウェアスキャンなどの強力なワンクリックツールで、WP のセキュリティを向上させます。 統計情報、CDN、ソーシャル共有など必須の無料ツールを入手できます。

アクセス数や、パフォーマンス向上などが詰め込まれた人気のプラグイン。

はむりす
はむりす

アクセス数の分析はブログレベルアップに必須!

Akismet Anti-Spam

Akismet Spam Protection (Akismet スパム保護)
スパムのコメントやスパムをコンタクトフォームでブロックするための最善のスパム対策保護。WordPress と WooCommerce のための最も信頼されたスパム対策ソリューション。

最初から入っているプラグイン。

自動でスパムコメントを削除してくれるので、コメントを使用するサイトは必須のプラグインです。

最初の登録がちょっと面倒で難しいですが、スパムが来る方がもっと厄介なので頑張るしかない。

僕は下記のサイトを参考に有効化しました。

【スパム対策】Akismetの最新の設定方法を紹介
WordPressを運営してある程度のページビューに達すると、必ず増えてくるのがスパムコメントだ。1日に20、30と頻繁に来ることも珍しくない。 そんな時、スパムコメントを1つ1つ削除していては時間がもったいない。 この

まとめ

Cocoonで僕が実際に使用しているブラグイン11選を紹介しました。

最初に全部まとめてやるのは大変なので、セキュリティやバックアップを優先して入れると良いと思います。

Cocoonを使うと不要なプラグインとプラグイン無しで実装する方法も紹介しています。

はむりす
はむりす

では、はむりすでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました